部分矯正が安い理由について

近年、日本でも歯に対する美意識が高くなり小さな時期から矯正を行うことで歯並びの良い口元を手に入れる人が増えてきています。
矯正とは歯全体に器具を付けることで徐々に歯を強制的に綺麗な並びに移動させていくことで、歯並びの良い口元を手に入れる方法が一般的とされていました。

ですが、近年では歯全体に器具をつけるのではなく、1本または数本の歯にだけ装置を付け歯並びを整える部分矯正と呼ばれる歯科矯正方法もでてきました。

前歯だけ矯正の最新情報を掲載しています。

例えば、前歯だけが出ている人や、前歯に隙間がある方は全体矯正よりもこの部分矯正が向いており歯並びの具合にもよりますが、早い場合なら数ヶ月程度で矯正ができます。

全体矯正の場合は、期間が2、3年と長期にわたりますし、その間、定期的な歯医者への通院が必要になり通院のたびにメンテナンス費用が発生します。



そのため、部分矯正にすると期間が短くて済みますので必然的に歯医者への通院期間も短くて済み、メンテナンス費用も少なくなるためコストが安いです。

また、そもそもつける範囲が狭く、一部の歯にのみ装着するため矯正器具の取り付け代金が全体矯正の半分程度の30万くらいになります。

そのため、全体矯正に比べるとトータルで費用が3分の1程度になり安いのに綺麗な仕上がりになるということで近年注目されているのが部分矯正です。

日本経済新聞といえばこちらのサイトです。

短時間で歯並びを治す方法としてはインプラントが注目されていましたが、インプラントは高額になるというデメリットがありました。ですが部分的な矯正の場合は、インプラントよりも安い値段で施術が可能です。

そのため、あまり費用をかけずに歯並びを治したいという人には部分矯正がおすすめだといえます。