部分矯正は比較的安い価格で治療を受けられる

歯科矯正は高価だというイメージがありますが、部分矯正は全体矯正に比べて、手頃な安い価格で治療を受けることができます。
具体的には検査・診断料金、矯正装置取り付けの基本料金、各回のメンテナンス料金などがあります。

矯正の種類にはブラケット装置とマウスピース装置の2種類があり、この場合ブラケット装置が安い価格となっています。

日本経済新聞の情報を知りたい方必見です。

単に美容を目的とした部分矯正では、「自費治療」となり、健康保険は適用されません。しかし、先天性疾患などによって部分矯正が必要になった場合は健康保険が適用され、安い費用で治療をすることができます。


悪い噛み合わせや虫歯、発音・そしゃく障害になる恐れがある場合も「美容目的」には該当しないので健康保険の適応となります。

また、1年間に一定金額以上の医療費がある場合は確定申告をすることにより、医療費控除の対象となります。


この場合、領収書と医院の治療証明書が必要となります。
全体矯正との大きな違いは、費用の違いとなってあらわれます。


歯の生え方、歯並びなど個人差はありますが、全体矯正と診断された場合、歯全体の矯正になるのでかなり高価な治療費となります。



部分矯正が可能な場合は、さらに精密検査へと進み、矯正の方法や調整を行っていきます。

全体矯正に比べると、かなり安い価格で治療することができます。

全体矯正に比べて治療費が安く、さらにメリットがあります。

前歯だけ矯正情報なら、こちらをご参考にしてください。

短期間に歯列を矯正できるということと、気になる部分だけを治療することができるということです。
全体矯正では対応できず、必然的に部分矯正となる場合もあります。

たとえば出っ歯、八重歯、隙間がある歯などです。


このような場合は矯正装置も目立ちにくく、違和感なく治療することができます。