安いだけで選ぶと危険な部分矯正のデメリット

歯の矯正治療は保険診療外の治療となるため、矯正をしたくてもなかなか手が出ないという方は少なくありません。
しかし、前歯だけというように気になる部分だけを行う部分矯正であれば、全体を矯正するよりも安い費用で歯を矯正することができます。
また治療費の面だけではなく、矯正にかかる期間も部分矯正は短くて済みますので、忙しい方でも治療を受けやすいという魅力があるのです。
そんな魅力的な部分矯正ですが、安いだけで治療を選んでしまうと危険なデメリットもあります。


例えば、かみ合わせの問題が生じる可能性です。

マイナビニュースの情報を見つけよう。

部分矯正は一部の歯を綺麗に整えるものですので、全体矯正と違って上下の歯のかみ合わせを考慮した矯正をすることができません。

そのため、上下の歯の状態によっては矯正した部分とそうでない部分のかみ合わせが悪くなってしまうことがあるのです。


もちろんそうならないために矯正後に必要なかみ合わせ治療が行われることがほとんどですが、その費用を事前に聞いておかないと安いと思ってはじめた治療が思いがけず高額となってしまうこともあるため、注意が必要です。



もう一つのデメリットは隙間が生じる可能性があることです。


凸凹した歯並びを矯正する際、場合によっては抜歯が必要となるケースがあります。
全体矯正であれば、抜歯によって生じた隙間に歯が動くように矯正を進めていくことができますが、部分的な矯正ではそれができないことがありますので、生じた隙間をレジンやセラミックなどで埋める必要がでてくるのです。


この場合も矯正費用以外に別途費用がかかってきますので事前に確認が必要です。


部分矯正にはこのようなデメリットもあるということを把握したうえで、自分の歯がこの治療に適しているかどうかを歯科医師と相談することが重要なのです。

真剣に部分矯正の費用情報を選びました。