中古車を購入する際の重要な情報

自動車を買い替える時に迷うのが、新車にするか、中古車をにするが最初の選択肢になります。新車を選んだ場合スペックはカタログに書いてあるので後はグレードを予算と相談して決めるだけです。新車を選んだ時点で必要な情報は手に入れていますので、その後は悩む必要は無いと言えます。中古車を選んだ場合は、情報収取から始めなければなりません。

中古車雑誌、取引のある自動車販売店、ネットのオークション情報等調べる方法は無数にあります。ですので希望通りの車は簡単に見付かります。但し中古車ならではの大事なスペックを見逃していけません。一番大事な情報は走行距離とタイミングベルトの関係です。

タイミングベルトは自動車にとって心臓部と言ってもいいぐらいの部品です。万が一切れるような事があればエンジンは一瞬にして壊れます。交換時期は一般的に10万キロが目安になっていますので、10万キロ前後の中古車で交換した事を明記していない自動車は見送りにし、あえて12万キロぐらいの自動車にするというのも賢い選択と言えます。オークションに出品されている場合は問い合わせると教えてくれますので確認は必須です。

ちなみにタイミングベルトの交換費用は普通車で7万円ぐらい、軽自動車で4万5千円ぐらいになります。これはウォーターポンプという部品も同時に交換するため高くなります。それぞれの交換を単独ですると工賃が高くつくため同時に交換するのが常識になっています。自動車を購入した後にタイミングベルトの交換は無駄な出費になりますので賢く選びましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です