クリアファイルはただ書類をまとめておくだけのものではありません。今や、クリアファイルをファイリングするファイルがあります。ファイリングするにはほんのちょっとコツがいるが、何度もつけてははがせる特殊な粘着テープが付いているファイルがあり、そこにファイルの端っこをつけるだけで良い仕様になっています。必要に応じて1つのファイルのみをはがして持ち運ぶこともできます。

通常のファイルは、紙自体に穴をあける必要があるし、ポケットタイプのものは出し入れが若干手間がかかります。しかし、クリアファイルは上部と片方の側面が開いているため、書類を取り出しやすくなっています。また、ポケットタイプの場合だと、たいていポケットがやわらかく、たくさん入れると書類の重みによって型崩れをすることもあります。硬いファイルであれば、それも防ぐことが可能です。

もちろんポケットタイプでも、ファイルから取り外しができるが、外す際にリングをいちいち開いたりする必要がある上に、ページをめくっている間にリング部分から一部が外れてしまい、再度リングを閉じる時にかなり面倒なことになります。クリアファイルを粘着テープによって閉じるファイルにおいては、その手間もかかりません。加えて、クリアファイルは100円均一でもカラフルなものが手に入り、日付や内容によって色分けをしておけば、いちいちファイルの中身を確認しなくてもすぐに見つけ出すことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *