企業が自社のことをより多くの人に知ってもらいたいときに使用できるのがノベルティです。会社の知名度を上昇させることで、より多くの人に会社の存在を知ってもらうことができるので、営業活動にもプラスの効果が期待できます。企業のアピールのためにノベルティが作成される場合、もらった人が長期間保有してくれるようなタイプのグッズが選ばれることが多いです。受け取った人が身に着けて持ち歩けるようなグッズならば、それを見た人にも企業のことを知ってもらうことができます。

このようなタイプのものとして代表的なのがキーホルダーです。本体に企業の名称を入れるだけでも立派なノベルティになり、企業の名称をより多くの人に知ってもらうための手段になります。キーホルダーを会社の広告のために製作することのメリットは、少ない予算で効果的な宣伝ができることです。高級な種類の品物の場合、配布する人を喜ばせることができますが、その分多額の費用がかかってしまいます。

キーホルダーならば一個あたりの製作費用もそれほど高額にはならないために、製作のための予算が限られているような会社でも、気軽に作成することができます。大きさも広告の効果を決める重要なポイントですが、あまり大きすぎるサイズだと製作にかかる費用も高額になるだけでなく、もらった人にとってもつけにくいというデメリットがあります。手頃な大きさのものを製作すれば、もらった人もカバンなどにつけやすくなるので、効果的な宣伝になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *