感染症が流行していても、手洗いやうがいといった適切な対策をとることは感染や拡大の予防につながりますが、そのためには細かな物品が重要です。たとえば水道水だけでも手洗いはできますがせっけんがあるとより効果的ですし、アルコール除菌を併用することもあります。また、うがいをすることは感染予防になるだけでなく、口腔の衛生を維持して快適にマスクを着用するために効果があります。こうした予防法が徹底される中、不足しがちなハンドソープやアルコール除菌グッズをノベルティとして配布することは、非常に喜ばれるでしょう。

しかしながら、直接肌に触れる製品は肌に合わないということがありますし、ハンドソープや携帯できる紙石鹸なども飲食業など香料を使った洗浄剤が好まれない場面では使いづらいのも事実です。ウイルス対策グッズをノベルティとして受け取ることは、もらう側としては嬉しいですが、同時に全ての人が使いやすい物品を選択することがその結果につながります。たとえば手洗いは石鹸が無くてもできますが、衛生的に終わらせるためにはハンカチが必要ですし、うがいも同様に清潔にするにはカップが必要です。このように考えると、用途が広く複数持っていても困らないハンカチやハンドたるといった定番ノベルティは活用法があり、シリコン製のたためるカップや名入れしたプラスチックのマグカップなども活用されやすいでしょう。

大量配布するノベルティは、誰でも使える物が適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *